萬屋物語(6) ~ 新たな船出

2月5日発売の2号を持って「北陸発!サイバーマガジン 萬屋」は短い幕を閉じた。
雑誌「萬屋」の休刊は、設立して3期というまだ間もない株式会社エヌ&ケイの終焉をも意味していたが、僕はその定跡をくつがえし、一人新たな船出に出ることを決意する。
それが、ITをビジネスとしてやっていこうと僕に決意させたきっかけだった。
そして、「北陸発!サイバーマガジン 萬屋」は、雑誌という姿形こそなくなったが、それから5年に渡りネットの中で継承されていった。